小顔になりたいならボトックスが最適!確実に効果が出る

  1. ホーム
  2. 顔から体までさまざま

顔から体までさまざま

女性

美容整形はいまやメスを使わない時代で、メスで切開することなく美しくなれます。メスを使わない方法はさまざまありますが、有名なのが注射による美容整形になります。美容外科でできる注射には主にヒアルロン酸注射、そしてボトックス注射の2種類があります。どちらもアンチエイジングに効果があり、ヒアルロン酸はしわやたるみに効果があります。またボトックス注射はアンチエイジングだけでなく、さまざまな部分で利用される美容整形です。ボトックス注射が利用される美容整形といえば、しわ取りそしてエラ張りと多汗症になります。まずアンチエイジングの代表であるしわですが、ボツリヌス菌で筋肉を止めて皮膚を伸ばすことができます。しわ取りのコースにはおでこや眉間、目元やあごなどにも打つことができます。同じ注射の美容整形のヒアルロン酸との違いは、成分もそうですが打つ部分にも違いがあります。ボトックス注射は目の周りが多いですが、ヒアルロン酸はほうれい線やゴルゴ線などになります。次にボトックス注射はエラ張りに効果があり、小顔になれると好評の美容整形です。エラが張っている人には骨が原因の場合、そして筋肉が発達している場合があります。このボトックス注射は筋肉に効果があり、咬筋の部分に打つことでシャープな輪郭になれます。ですからエラ張りでも骨が原因の人には小顔効果がなく、骨には骨削りの美容整形があります。注射一本で小顔になれる美容整形は少なく、ダウンタイムもないので気軽に受けられます。また注射の美容整形は費用も比較的安く、若い女性の間で人気のあるコースになります。そして小顔以外にもふくらはぎを細くすることができ、筋肉が発達したふくらはぎに効果があります。筋肉の動きを止める作用があるので、その部分を痩せさせることができます。またわきがや多汗症にも効果があるボトックスは、わきの下や手のひらに打てます。しかしボトックス注射を打つ時に大事なのが、筋肉が止まってもよい部分になります。生活をするときに困る部分に打つと、生活が不便になるので注意が必要です。