小顔になりたいならボトックスが最適!確実に効果が出る

  1. ホーム
  2. 顔を小さくする施術

顔を小さくする施術

カウンセリング

輪郭を一回り小さくする

大きい顔がコンプレックスという方におすすめなのがボトックスです。ボトックスは直接筋肉に作用する成分です。筋肉自体を細くする効果があるので顔のエラ部分に注入することによって一回り小さくすることも可能でしょう。最近では手軽にできる小顔の施術方法として人気を呼んでいます。小顔にするためには骨格自体を変えるためにエラ削りなども行う場合がありますが、体には大きな負担がかかります。しかしボトックスは注入するだけで効果があるので、手軽に行える美容整形としても需要が高くなってきました。注入する際に痛みを感じることもあるのですが、クリームタイプの麻酔を塗るので我慢できない痛みではありません。顔が大きく見える原因は人によって異なります。フェイス周りに脂肪がたくさんついていて、骨格自体は細いのにもかかわらず顔が大きく見える方もいます。咬筋が発達していて、エラが張って見える方もいるでしょう。ボトックスが向いている人のタイプとしては、顔の筋肉が発達していて筋肉自体が太くなっているタイプです。筋肉が細くなることによって顔全体がすっきりして見えるのです。注入するボトックスの種類によっては効果も変わってきますので、専門医と相談しながら決めていきましょう。多くの美容外科ではボトックスによる施術を取り入れています。ボトックスは小顔効果以外にも、足を細くする効果もあります。特にふくらはぎが発達している人に対して効果的な方法です。思春期時代についた筋肉はなかなか落とすことができない場合もあります。脂肪が原因ではなく、筋肉が原因で顔が大きく見えていたり、足が太く見えたりしている人にはボトックスは特に有効な施術の方法です。ボトックスを注入した直後は内出血が見られることもあります。また患部が腫れることもあるのですが、しばらくすると緩和していきますので、もし症状が現れても様子を見てみましょう。注入した直後よりも、しばらくしてからの方が効果が高くなります。小顔になりたい人はボトックスを利用して、顔の輪郭をすっきりさせるという方法が有効です。